新社会人の教育の仕方について

新卒の社会人には、当然ながら仕事の基礎から教えなければなりません。
アルバイトぐらいしか経験をしたことのない学生は、社会人としてのマナーや仕事のルールをまだ理解していないので、致し方ないことです。
しかし、仕事を教えるときに、中途採用の社会人と同じような教え方をしていては、すぐに辞めてしまう可能性があります。
そのため、できるだけ相手がつい最近まで学生だったことを頭に入れて、教育をするようにするべきです。
なぜなら、その方が相手に寄り添った教育が実施できますし、成果もあがります。
また、仕事を途中で辞めずに続けてくれる可能性が高くなります。
では、具体的にどのように教育をしていったらいいのでしょうか?

教え方については、できるだけコミュニケーションを取りながら業務の一つ一つを丁寧に教えていきましょう。
最初は年齢の差もあるため、どうしても距離ができてしまうかもしれません。
この距離を縮めるためには、仕事のことだけでなく、プライベートなことも織り交ぜながら、会話を増やすことがポイントです。
また、自分が同期の新入社員のつもりで質問をしてみるのも良いでしょう。

次に、重要なことほど、自分も同じ目線に立って学ぶことです。
年齢差があると、価値観が違ってくるので、考え方にすれ違いが生じやすくなります。
ですから、仕事の説明をするときも、今の若者に合っていない説明の仕方なりがちになるのです。
しかし、同じ目線に立てば、相手の気持ちが理解しやすくなります。
学生と社会人の相違点について言及している★ー☆学生と社会人の違いとは?☆ー★には、学生側の嗜好を知るのに役立つ記事も掲載されているので、参考にしてみると良いでしょう。

新人教育というものは、職種を問わず大変なものです。
しかし、学生気分を早々に払拭し、社会人として活躍してもらうためには、周りのサポートが欠かせないことを理解しておきましょう。