考え方の相違がある学生と社会人

学生に社会に出て仕事をするというイメージを話してもらうと、やりがいと待遇面はイコールであると考える人が少なくないように感じます。
しかし、実際にはそうではない為、学生と社会人との考え方の差を感じてしまいます。

大きな会社になれば、各部署で役割りが分担されるので、専門性は問われますが、通常の業務はそれほど幅広くなりません。
事務職の場合は、書類を作成したり、データを入力したり、時には会議室の準備をしたりといった、ある程度のパターンが出来ています。
時には異動になり、新しい仕事を任されることになるかもしれませんが、それでもその部署ならではの業務パターンがあることに変わりはありません。

しかし、小さな会社であれば、仕事の幅は広がり、作業量も増える可能性があります。
また、待遇面でも大きな会社とは異なる場合も少なくないでしょう。
全てがそうだとは限りませんが、やり甲斐と待遇面は必ず比例しているとは言い切れません。
このような実情は社会人ならば多くの人は理解できると思いますが、人生経験の浅い学生の場合は理解できていない場合もあります。
そのため、入社早々に現実と自分の中のイメージにギャップを感じて、やる気が萎える人もいるようです。

多くの学生の場合、学習能力に差があっても、待遇に差が出ることは滅多にありません。
そのため、社会に出てから違和感を感じるのでしょう。
しかし、アルバイトなどで少しでも社会経験を積んでおけば、その違和感はそれほど大きくはなくなります。
ですから、学生時代の感覚と社会人になってからの感覚とのギャップを埋めるためには、アルバイトは重要な経験になるのです。